ページ

2016年4月13日水曜日

ボックスカルバートを縦断勾配の大きい場所に設置するのですが、勾配の制限はありますか。


ボックスカルバートを縦断勾配の大きい場所に設置するのですが、
勾配の制限はありますか。
構造計算の寸法は、勾配直角方向ですか、
鉛直方向で考えるのですか。
ボックスカルバートの滑り止め対策は必要ですか。
決定根拠が見つかりません。
記載のあるもの、教えてください。



ボックスカルバートの構造計算 フリーソフトのサイトです。
http://kensetu.osusume-soft.com/kouzou/box6

 縦断勾配の大きいボックスカルバートについては、次のような記載があります。

 ボックスカルバートの最急勾配は、ボックスカルバート上部の盛土の安定及びコンクリート打 設時の施工性を考慮し、10%程度にすることが望ましい。
 ボックスカルバートの構造寸法は勾配直角方向で決定し、応力計算及 び配筋は鉛直方向で行う。
 なお、縦断勾配が10%以下の場合は、勾配直角方向によって計算した鉄筋を、鉛直方向に配筋してよい。
 縦断勾配が10%をこえるボックスカルバートの場合は、滑り止工を設けるのがよい。
 なお、滑り止工は枕梁と兼用できるものとし、配筋方法は枕梁に準じて決定するが、滑りに対 する鉄筋のせん断についても検証するものとする。
      参考文献:「道路土工-カルバ-ト工指針」

ボックスカルバート・ウイングの安定計算のフリーソフト、参考資料、技術情報のサイトです。
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/ken_shiro/kouzou/boxwing2.htm

 スポンサーリンク